医療事務の派遣会社

おすすめ

医療事務の派遣の仕事が豊富です!

未経験者でも大丈夫!医療事務の仕事をお探しなら、仕事情報が豊富な人材派遣会社ランキングをチェックしてみてください!登録して求人の最新情報をゲットしましょう。医療事務の資格を生かしたい人も資格がない人も探していた仕事がきっと見つかりますよ♪

面接も考えすぎには要注意

"幸いなことに、私は面接が得意といえると思います。超氷河期と言われた時期に新卒を迎えましたが、採用試験を受けた会社の多くで最終面接まで残りました。もちろん、内定も数社いただきました。中には大手といわれる会社も含まれていたので、大学から後輩たちの面接にアドバイスをするように求められたこともあります。

面接である程度の結果を残せた理由は事前の準備にあります。面接は準備をすることができないと考える方がいますが、そうではありません。面接ほど準備がものをいう試験はないと考えたほうがよいでしょう。自分のことを深く理解できるまで用意をするといかなる質問が来ても満足いく回答をこたえられるようになります。詳しくは割愛しますが、面接は準備が大切です。

このような信念を持つ私ですから、入社したいと考えた会社の面接前には念入りな準備を行いました。特に最終面接になると本気になって準備をした記憶があります。一生懸命頑張ったことはよいのですが、中にはこれで失敗した経験もあります。どうしても合格したいと考えていた会社があったのですが、この会社の役員面接で失敗を犯してしまったのです。あまりに準備をしすぎて、飛躍した考えとなり言っていることが自分にしか理解できないレベルになってしまったのです。結局、うちの会社では希望しているようなことはできないよ。となり、面接に落ちてしまいました。策士策に溺れるとはこのことだと思います。

面接は準備がとても重要ですが、あまりに考えすぎて飛躍した考えにならないように注意が必要です。常に客観的に自分を見つめなおし、言いたいことが伝わるように伝えることが重要ではないでしょうか。"

せめて他の部署の人とにした方が・・・

"社内恋愛、私自身は成就したことないので、羨ましい限りですが、逆に失敗して泣く人も多いのが現実。

周りを見て「これだけは避けた方がいい」と言うことを学びました。
「同じ部署内(近い場所)での恋愛は絶対×」

うまく隠せていれば、ドラマかマンガみたいで、ドラマチックですし、やる気も上がりますよね。私的には、憧れる社内恋愛の形1位だったのですが、これは大抵辛い結果になっています。
成功している人もいますが、その裏で、誰かが泣いている。

付き合っている2人がいました。同じ営業同士・動機で、男女関係ないざっくばらんな雰囲気で、仲が良かったです。
でも、男の方がまた同じ部署で、先輩事務の女性になびいてしまったのです。
つまり3人は同じ部署内にいます。

勿論、ちゃんと別れてからつきあったので、二股という訳ではなかったです。
が、ざっくばらんとしていた女の方は、実はねちねちした女性的感情が強く。別れた後も、しつこく男につきまとって、知らないふりをして、事務女性にさりげなく嫌がらせをしたりしていたのです。
もう上下関係なんて関係ないです。

でも、原因は男の方とはいえ、彼はしっかりしたタイプだったので、新しい彼女を守り切りました。
で、結果居づらくなった女の方は、退社するしかなくなり。

もう一組いたカップルも、別れたことにより、居づらくなり、女の方が辞めています。

会社はそんな事情までくんで、異動かけてくれませんから。辞めるしかなくなりますよね。
せっかくがんばってきた仕事を、こんな風になくすのは、勿体ないです。

せめい他の部署なら、うまく切り替えできますけれどね。
"

入社したらブラック企業でした

"私が仕事を辞めたいと思ったのは
転職した会社がブラック企業だと言うことが分かった時です。

私は前の職場での人間関係に疲れ
給料がもう少しよく、自分の持っている資格を生かせる別の会社に
転職をしました。

しかし、その会社がとんでもありませんでした。

早出や残業当たり前で、
そもそも、それをしないとさばけないような業務量でした。
上司になれば休暇も取れますが
ヒラの若い者たちはお盆や正月も満足に休めません。

11月にインフルエンザで休んだ(というか、出勤停止命令)人がいたのですが
病気から復帰した後、朝礼で上司に謝らされ
「インフルエンザで役に立たないような奴にはボーナスは出せない」と
直後に支給されたボーナスを全額カットされました。
ちなみに、彼は自宅のベッドでも
自分の顧客の営業の電話をかけるよう言われ、仕事したそうです。

私は毎日8時前に出社し、夜10時まで働きましたが
基本給以外の残業手当は一切つきませんでした。
土日も呼び出されましたが、土日は休日手当も付きません。
全く稼げませんでしたが、お金を使う暇もないぐらいでした。

個人携帯に直接呼出しの連絡がかかってくるので
逃げようにも逃げられませんでした。
もし連絡を取らなかった場合は
前述のような容赦ないボーナスカットなどの制裁が待っていました。

事務作業で使うペンやスティックのりに至るまで
自分の使うものはすべて自分で購入しなければなりませんでした。

しかし、月1回の飲み会は強制で
上司から新人まで毎回一律1万円徴収されていました。
私は一滴も飲めない下戸なので
お酌をして回らされほとんど食事もたべていないのに
毎月給料から1万円取られていました。

そんなありえない会社でしたので
辞めたいと思い、引き留めには合いましたが
1年勤めて退職しました。
"

事務仕事がいい!営業仕事は苦痛だ!

"私が苦痛に感じる仕事は、ずばり営業の仕事です。
基本事務仕事で入社した私なのですが、なぜか今は週の半分は外回りで営業部隊として駆り出されています。
入社の時に営業か事務か、希望を聞かれて、「絶対に営業は嫌です」と言って、そのワガママを聞いてくれる条件で入社をしたのに、かなり話が違うと思っています。
さすがに新規開拓は外してもらって、既存の顧客を回る、いわゆるルート営業部隊として駆り出されているのですが、営業仕事が苦痛なので、ルート営業だからといって楽な事はなにもありません。
人と話すのが苦手ですし、何より話題も無いのに最低でも30分は話をつなぎ、「とにかく顔は出した」という実績を作るのがルート営業の仕事なので、退屈で迷惑そうな顔をしているお客の前で、興味もない商品の説明をとうとうとするのは拷問以外のなにものでもありません。
上司に相談をして、ルーと営業であっても外回りからは外してくれと頼んでいるのですが、「まあ場数を踏めば苦手意識もなくなるし、そのうち新規営業に行かせてくれなんて言い出すんじゃないか?」などと笑えないジョークを飛ばされたりもします。
とにかく人見知りな性格ですから、アポの前などは緊張で年中トイレに駆け込んで、神経性の下痢と戦うなど、とにかく苦痛の連続です。
少しは慣れてきましたが、営業仕事の苦痛は絶対になくならないと思いますので、このまま営業に回されるようなら、転職をしようとも考えています。
やはり事務向きの人間は、事務仕事のスペシャリストとして生きていくべきだと思っています。
"

会社の同僚や上司で凄い!と思う人について。

"今の会社では女性が多いです。業界は細かく書けないのですが接客業です。つまり、一般の御客様が物凄く幅広く来店されるのです。お客様の種類は様々であり、こちら側スタッフには柔軟な対応を求められます。まず初めに書けることは、私たちの振る舞い方に関して期待してくる客と、もう一方は真逆に無関心なぐらいの客が居るという点が面白いところです。要するに来店客には他の目的があるのです。店内でゆっくり過ごしたい客や、誰からも声を掛けられたくないようなほどに神経質な客もいます。こちらから関わりたくない客であっても、仕事なのでどうにか対応せざるを得ません。基本的に御客様はお金を持って来るわけで、お金が無い人間は来店しない場所なのです。
滅多にないことですが、利用客も怒ることが有ります。リピーターであっても心の中までを私たちスタッフが見抜くなんて簡単ではないのです。そういう難題にも負けない先輩たちが凄いのです。
まだまだ経験の浅い私では解決できない場面が有るのです。そういう時に「助けて!」の合図を出そうとするのですが、大体の場合は先輩が早めに気が付いてくれています。ここが凄いのです。
店内には監視カメラが沢山あります。それは録画用であり、あとで何か有った時に使われるデータです。そういう事なので、監視カメラが利用されてなくても、先輩たちは店内の空気をいつでも把握しているのです。怖いぐらいに凄いのです。東京ディズニーランドほどの来客は無いけれど、ああいう遊園地のような場所なので、同僚の人数はかなり多いのです。お客様も多いしスタッフも多めなので、とにかく毎日色々なことが起きているはずの職場なのです。残念な事だけれど、私のプライベートで遊びにこの場に足を運ぶことは一生無いのかもしれません。
今回は先輩のココが凄い!をそのまま書きました。空気を読むというか、異変に気が付く先輩の「勘」の凄さが並ではないと感じています。
私が知っている範囲では、大事(おおごと)になる前に先輩が登場しているので、店側と来客とのトラブルは大きな揉め事になる前に良い方向へ速やかに流れて行く場面を多く感じています。私は沢山の場面で助けられてきたのです。"

時代のニーズ

" 僕はフリーになるまで上場会社の人事部にいました。その経験から派遣社員さんのメリットとデメリットを申し上げます。
メリットはやはり会社側として採用しやすいです。繁忙期や忙しい部署にスポット的に人員が欲しいときには、すぐに派遣会社に電話してました。さすがにフリーの方を採用するよりは、登録している派遣会社さんを通じて依頼したほうが良く、こちらの要求する人材を派遣してくれました。また特に女性の方に多かったのですが、忙しい時だけ派遣として会社に来て、ヒマな時はお休みする方が多く、こちらとしても勝手知ったる人を採用するので、自由に働くと言った面では派遣社員さんはとても助かるし、給与面も一定で会社側のコストを考えた時にも非常に便利な存在と考えてます。
 反面、デメリットとしては安定はないと思います。人事部にいたので、派遣社員さんは簡単に期間が満了したら終わりというフローを確定出来る存在でもあったので、社員として登用する事はほぼありません。待遇面は一般の社員と比べないとしてるので、ほぼ問題はなく、派遣さんだからとかはNGになっており、きちんとした会社ならほぼそういったことでのデメリットはないですが、給与面は派遣会社さんを通して支払われますので、私達が関与する事はなく、常に不安定な中での仕事となる事は否めません。
 ただ今後は人事部にいた時代によく話した事ですが、仕事をシェアしないと人手も能力も不足するのは必至であり、派遣として何社も掛け持ちする人も増えて、一つの働き方になるという予測はしてました。
 ひとそれぞれのスタンスで働き方は変わりますが、派遣社員として仕事しても今の時代はOKだと思います。"

SHFTIがお気に入りです。

日中時間がかなりとれて、業務中にも副業としてやれると踏んでチャレンジしているが、自分に専門性が不足しているので、クリエーター向けのプロジェクト業務はなかなか手に負えず、タスク中心の仕事でいろいろやってみた。私の場合、Shuftiがとても使いやすく馴染みが早かった。タスクでもLANCERSは提案申請しても返事が来るのが遅いし、レスポンスがわかりづらくコミュニケーションがとり辛い印象を受ける。Shuftiでは今メイン業務として、クロスワードパスル作成、SNSのコメント入力、飲食店情報の紹介記事の整理(2件)と4つ担当している。20日間で金額としては7000円ぐらい、ランサーズはなかなか担当させてもらえず、タスクで少々の700円程度。ランサーズは採用可否の連絡が悪い。仕事ごとにコミュニケーションとれる仕組みでなく、Shuftiと比べて使いにくいし、わかりにくい。提案したものはどうなっているか調べに行かないといけない。Shuftiはメールが更新され赤マークついて注意を促してくれる。しかし、ランサーズは時間切れで募集終わりという表だけが結果として示され、なんかとっても慇懃無礼な高飛車な失礼な態度に感じるので仕組改善を要望する。Shuftiとは戦うセグメントが違うので関係ないと思っているのならそれはそれで結構だが、これからのクラウドソーシングは専門性が高いクリエーターの仕事よりも、裾野とパイが広い主婦層、シニア層にまで優しい仕組を標榜しておかないと他社から足元すくわれそうな感じを受ける。いずれにせよ、他のクラウドソーサーはまだやってないのでわからないが、システムのリニューアルは必須だと思う。

ヒステリック上司

"派遣社員として、様々な企業に働きに行きました。
仕事はグラフィックデザイナーのため、デスクワーク。
期間はあまり長くなく、
一つのプロジェクトごとに契約する感じでした。

デスクワークですし、自分の好きな事を仕事にしていたので、
仕事内容で辛いといったことはあまりありませんでした。
問題はやはり人です。
業界的にヒューマンスキルのない人が多いのです。

そんななかで、とある派遣先での出来事。
本当に辛くて、イヤでイヤで沢山泣きました。
イヤなのは、直属の上司でした。

自分より年下の女の子です。
初めてリーダーを任されたと言っていました。
このリーダー、スゴいヒステリックでした。
毎日生理中か!??と思うくらいで、
気分のムラも凄かったのです。

ちょっとミスするだけでも、
『私、説明しましたよね!!』
と強く責められ、
それなのに、自分のミスには見て見ぬフリ。
自分のミスを人になすりつけていた事もありました。

ちなみにその女の子がリーダーのチームメンバーは、
みんな女の子でした。
そのリーダー、男性と女性の前でも態度が全く違ったのです。
男性の前では、途端に色目を使う感じで、
下手に出てて、本当に見ているだけでイライラしました。

そのくせたまーに機嫌がいいと、
マニアックなアニメの話題を社内チャットで振ってきて、
よく分からない意見を求められるのです。
仕事自体がかなりタイトなスケジュールだっただけに、
本当にいい迷惑でした。

毎日、イライラと腹立たしさで、
辞めたくて辞めたくてしかたがなかったです。
"

派遣とバイトの比較

"アベノミクス効果が叫ばれている現在ですが、依然として非正規雇用の割合が高いのも事実です。
非正規雇用といってもいろいろな形態がありますが、代表的な派遣とアルバイトを比べてみたいと思います。

まずは二つの違いを考えてみると、大きな違いは働く時間にあると思います。例外も数多くありますが、派遣は一般的に正社員のように、週5日、8時間労働をする職種が多く、企業の休みが休日になる場合が多いです。一方アルバイトは、自分の働ける時間帯で、雇い主側と相談し、働く時間を決める場合が多いです。
そのため、派遣のほうは仕事中心の生活で、毎月決まった収入を得やすいということになります。
一方アルバイトは、自分で働く時間をある程度コントロールできるため、自由な時間が得やすいですが、収入は安定しないということになります。
また、どちらも時給で働くことが一般的ですが、派遣のほうが概ね時給が高く、求められる仕事の責任、範囲もある程度大きいです。アルバイトは時給が安く、仕事の責任や範囲も、派遣よりは小さいです。収入の額で考えると、派遣のほうが圧倒的に多くなるでしょう。

では、派遣とアルバイト、どちらで働くかの選択を迫られた場合、どのように考えればいいのでしょう。
毎日しっかり働いて、収入を得たいと考えるなら派遣で働くのが得策です。時給も高く、アルバイトよりも効率よく収入を得られます。
仕事以外にやりたいこと、やらなければいけないことある中で、働く人にとっては、アルバイトが適しています。ある程度自由な時間が作れ、まとまった休みもとりやすいのはアルバイトです。

その時の状況に合わせて、働き方を考えていくことが大切だと思います。"

信用できる派遣会社なら大丈夫

"週3で派遣で働いています。
派遣社員として働く前は、派遣ってやっぱり肩身が狭くて、責任感のある仕事をやらせてもらえないようなイメージを持っていましたが、実際に働いてみると全く違いました。

派遣で働く時は、信用できるしっかりとした派遣会社を選ぶことが最も重要だと思います。
派遣会社も短期や長期や日雇い専門、特定の業種専門のところなど様々ですが、派遣社員を大切にし、しっかりとした適性検査や面接をするところがいいように感じます。
また、あまりに時給が低かったり、派遣社員への連絡などが雑だったりする派遣会社は絶対に登録しない方がベターですね。
派遣社員をただの働くコマのように扱う会社はダメです。
一人ひとりに会った仕事を紹介してくれたり、親身になって相談に乗ってくれる会社がいいですね。

今働いている派遣先の会社は、ほんとうに人も雰囲気も良くて、派遣先の社員の方々も派遣社員を大切に扱ってくれます。
何かわからないことや不安なことがあったら言ってくださいと声をかけてもらったり、正社員と同様に扱ってくれるのでとても居心地がいいんです。
さらに、トラブルやセクハラなどに会った場合に相談できる体制も整っています。

また、派遣社員のいいところは、なんといっても残業が少ないことでしょう。
私の場合はシフトがそれぞれの時間帯で決められているので、絶対に残業にならないようになっています。
終了時間になったらスッパリと帰れるので本当に楽なんです。
今の派遣の仕事は、できる限りずっと続けたいと思っています。"

最新のエントリー一覧

時代のニーズ
" 僕はフリーになるまで上場会社の人事部にいました。その経験から派遣社員さんのメ...

SHFTIがお気に入りです。
日中時間がかなりとれて、業務中にも副業としてやれると踏んでチャレンジしているが、...

ヒステリック上司
"派遣社員として、様々な企業に働きに行きました。 仕事はグラフィックデザイナーの...