医療事務の派遣会社

おすすめ

医療事務の派遣の仕事が豊富です!

未経験者でも大丈夫!医療事務の仕事をお探しなら、仕事情報が豊富な人材派遣会社ランキングをチェックしてみてください!登録して求人の最新情報をゲットしましょう。医療事務の資格を生かしたい人も資格がない人も探していた仕事がきっと見つかりますよ♪

人気の高い『医療事務』の派遣のお仕事について

世の中には沢山の種類の仕事があります。どれもなくてはならないものであり、その全てが社会を支えています。一昔前のようなバブル期の「就職売り手市場」と呼ばれた時代には、じっくり仕事を吟味し希望の仕事に就きやすく、就職先を探す事がとても簡単に出来ました。

しかしバブルが崩壊し、様々な神話が一気に崩れ「就職買い手市場」に転じてからは、就職難・氷河期をも呼ばれリクルートスーツを身にまとい、来る日も来る日も面接やセミナーへと足を運ぶ学生の姿が大きくクローズアップされました。

最も厳しいといわれた時期からは幾分上向きといえるかも知れませんが、現在も決して良くなったとはいえず相変わらず就職に関しては難しい時代といえるでしょう。

このような時代において人々が仕事に求めるものとは何でしょうか?先の見えない時代であるからこそ人々が求めるものは、そう、「安定」の2文字ではないでしょうか?これは年齢を増す毎にそういった傾向が強くなっていくと考えられます。

そんな「安定」を求める人気の仕事に「医療事務」があります。皆さんは具体的にどういった仕事の内容かご存知でしょうか?まあなんとなく病院の受付?事務?カルテ管理?位の知識は持っていても、実際には漠然と捉えている方も多いのではないでしょうか?そこで今回は非常に人気の高い「医療事務」の仕事について調査を進めてみたいと思います。

医療事務の派遣スタッフの仕事内容は?

「医療事務」として働く場合、「正社員」「パート・アルバイト」「派遣社員」等様々な勤務スタイル(雇用形態)があります。実際に働く病院・クリニック・診療所等により異なりますが、多くの場合はシフト制を採用し、あらゆる雇用形態の人が個々の勤務スタイルにそって働いています。

しかし中にはすべてを派遣社員で行っているような医療機関もあるようです。こうした点からも分かるように、派遣スタッフとして勤務する場合の仕事内容は、ほぼ一般的な医療事務の仕事と同様である事が分かります。

医療事務の仕事内容

・受付業務……病院等を訪れた患者さんがまず初めに利用するのがここ「受付」です。その為施設の「顔」とも呼べる大事な仕事といえるでしょう。保険証・診察券・カルテ等の大事な個人情報を取り扱う為ミスのない事、また親切・丁寧な応対が求められるといえるでしょう。

・カルテの管理……「カルテ」は患者さん一人一人の診療内容(医師の記載した病状経過)・保険証の記載内容等が書き込まれた重要な書類です。大切な情報となるカルテの管理や病状以外の生年月日・住所・性別等の入力作業もまた医療事務の主な仕事です。このカルテをもとに最終的な診療報酬を算定し患者さんに治療費を請求する事になる為、ミスがあってはいけない大事な仕事といえるでしょう。

・レセプトの作成……医療事務が行う仕事のメインともいえるのがこの「レセプト」を作成する業務です。「レセプト」とは「診療報酬明細書」の事で、患者さんの医療費を計算し保険者となる「国」や「健康保険組合」等へ請求する為の書類を作成する重要な仕事です。医療費は全て点数化されており、診療内容(診療行為)により診療報酬点数が決められています。患者さんのカルテより内容をよく理解した上でデータ化し、それに基づき診療報酬を算出していきます。病名・投薬・検査・処置・診断・リハビリ・手術等あらゆる種類や内容を確認して行く為、専門的なスキルが必要といえるでしょう。重要な仕事である為ミスのない正確さが求められる事になります。
 
・会計業務……診察が終了し料金計算の終了した患者さんに対して行うのが「会計」業務です。まずは診察料金や初診料の計算を行うのですが、多くの医療機関では医療事務コンピュータや電子カルテが導入され、打ち込むだけで自動計算が出来るような電算化が進んでいる為、比較的簡単な作業といえるでしょう。しかし具合が悪かったりケガをして病院を訪れた患者さんをなるべく待たせないようにする為に、的確でミスのないスピーディーな対応力が求められるといえるでしょう。

・案内や電話応対……医療機関等には毎日あらゆる内容の問い合わせが「電話」でかかってきます。それらに的確に応対するのも大事な業務です。また施設によっては「呼び出し」や診察科への「案内」等も行っています。親切で気配りの出来る応対が求められています。

・病棟クラーク業務(入院患者への対応)……病床がある医療機関では、「入院患者への対応」も医療事務の仕事です。入院が決まった患者のカルテやレントゲン等の準備を行います。また入院にかかる診療代や支払いの相談等にも応対します。

・秘書業務……小さな病院やクリニック等ではほとんどありませんが、大規模な総合病院等の医療機関では「秘書」的な業務を担当する事もあります。業務内容は様々ですが主な内容としては「データの管理」「スケジュールの管理」「電話応対」等があげられます。大きな病院等での業務の為、高い処理能力とスキルが求められるといえるでしょう。

これらの業務が一般的な「医療事務」の仕事になります。医療機関によっては業務の担当が決まっていたり、それぞれの業務を交代で行っていたりとやり方やスタイルは多少異なりますが、これらの仕事全般に対する能力が必要といえるでしょう。

派遣の場合、登録している派遣会社との契約により、あらかじめ担当業務を限定していたり、仕事の範囲や勤務時間等が決められている場合もあります。この場合はそれに従って派遣先の医療機関等で勤務する事になります。ある程度希望や条件等が決められている為、働きやすいといえるでしょう。

医療事務の勤務する日や時間帯

一般的な場合

医療事務の業務は、正社員であれば通常の企業勤めの方と同様の「8時間」勤務となります。勤務の開始や終了時間は、個々の医療機関により診察時間が異なる為一概に言えませんが、受付が開始される時間の30分〜1時間前ぐらいに出勤するのが一般的なようです。また終了時間においては、午後の受付や会計業務が終了した後、コンピュータとレジ内との金額の照合確認や簡単な清掃作業等を終えるとほぼ勤務は終了となるようです。時間で言うと診療後ほぼ30分程度で終了となる事が一般的なようです。

但し受付時間の長さや午後の開始時間が遅いなどの理由により、早番・遅番・短時間勤務・長時間勤務・午前勤務・午後勤務等、各医療機関によるシフト体制にて勤務を行っているところが一般的に多いといわれています。

契約社員・パート・アルバイトの場合

契約社員やパート・アルバイトによる医療事務の場合は、勤務時間や勤務日数において、ある程度希望により調整が出来るようになっています。中には正社員と同様のフルタイムを希望する方もいますが、多くは午前のみ、午後のみ、週3日等都合に合った形で働いています。

更に派遣やパート・アルバイトの場合、一時的に忙しいレセプト業務に合わせて募集する場合もある為、1か月の中でその時期に合わせて臨時で務めるといった働き方もあるようです。

医療事務の派遣スタッフの給料

正社員であれば通常の給与となる「月給制」が当たり前ですが、派遣として働く場合の多くは「時給制」となっています。これは契約している派遣会社から支払われる事になりますが、一般的には1000円〜1500円程度となっています。(※能力やスキルにより1800円程度まで上がる場合もあるようです)

パートやアルバイトの場合800円〜1200円程度が一般的となっている事と比較すると、派遣の場合は多少時給が高めといえるでしょう。しかし実践力が求められたり業務の内容を考えた場合には、給料が低めであるとデメリットとして取り上げられる事が多いといわれています。

派遣の場合希望により「フルタイム」での勤務も可能となっています。この場合は正社員同様に「月給制」となっているようです。給料に関しては時給の場合と同様に、契約している派遣会社から支払われる形になりますが、多くの場合賞与や各種手当等がない為、正社員よりも低いといわれています。フルタイムを希望する場合は、正社員として働くほうが望ましいといえるでしょう。

医療事務として働くメリット・デメリット

メリット

・医療事務の資格の場合、すべて国家資格ではなく「民間資格」となっています。その為比較的資格が取りやすいといったメリットがあります。

・医療現場における人材は常に需要が高く人気があります。

・未経験者や年齢を重ねた方でも働く事が可能であるといわれています。

・正社員・派遣・パート・アルバイト等、雇用形態が様々で希望に合った働き方が出来るといったメリットがあります。

・医療機関の休みである日曜日はほぼ休む事が可能です。

・医療における専門知識が身につく為、日常生活において知識を活かす事が出来ます。

・職場が医療機関である為、比較的安定しているといえます。

デメリット

・人気の仕事である為、資格所有者も希望者もあふれているというのが実情のようです。

・未経験から始められるとはうたっていても、結局は経験や有資格者が優遇されるといったデメリットがあります。

・小さい診療所や病院等では、ギリギリともいえる少人数での勤務となる為、休日が取りにくく忙しいといったデメリットがあります。

・専門職といわれる割には給料があまり高くないといわれています。

・診療報酬が定期的に変更となる為、その都度覚えなければならないといったデメリットがあります。ブランクがあって復帰する場合など苦労が多いといわれています。

・働く現場が医療機関である為、流行りの病気をもらいやすいといったデメリットがあります。

以上が一般的に言われている医療事務として働く場合のメリット・デメリットとなります。人気の仕事だけに良い点も悪い点も相応にあるようです。やはり経験や資格がある事が望ましいといえるでしょう。

医療事務の仕事がおすすめな方

医療事務の仕事は上記内容にもありましたが、正社員の他に派遣・パート・アルバイト等様々な雇用形態で働く事が可能です。出産や育児等で時間に制限のある方、一旦仕事から離れて再び再開したいと考える方、資格を取って長く働ける仕事を探している方等、特に女性の方に人気が高くお勧めといえるでしょう。

また受付・会計・病棟クラーク業務・電話・案内等、接客が得意な方にお勧めな仕事です。病院や診療所等を利用される方は体の具合の悪い方、高齢者の方、小さなお子さん等が多い為、親切で気配りの出来る方が求められているといえるでしょう。特に受付業務・会計業務はその施設の「顔」とも呼ばれる場所である為、対応の悪さによってはクレーム等につながる事が考えられます。接客の苦手な方には不向きといえるでしょう。

更に医療事務の仕事は、レセプト業務や秘書業務等ミスのない正確さが必要とされます。また診療報酬の改定や新しい薬等の導入など、常に勉強しなければいけない環境となっています。その為、勉強熱心だったり正確な仕事を行えるなど真面目で几帳面な性格の人に向いているといえるでしょう。

需要も高く人気の高い「医療事務」の仕事ですが、実際に働いてみるとその苦労が伺われる大変な仕事です。これから志す方はしっかりと業務の内容を理解して、活かせる資格の取得を目指すとよいでしょう。

医療事務として仕事をするのに派遣で働くのとパート・アルバイトとどっちがいい?

医療事務として働く場合、経験を持たない方にとってはパート・アルバイトで始める事が望ましいのではないでしょうか。上記のメリットやデメリットでもあったように、募集の多い医療事務において未経験でも出来る点がメリットとしてあげられています。

しかしながら実際に現場に勤めた方の経験から判断すると、やはり経験のある方や資格を活かせる方が優遇されてしまうといった現状がありました。その点からすると、ある程度勤務形態に融通が利いて、実務を学ぶといった姿勢で始められる分、パート・アルバイトが良いのではないでしょうか。

仕事に慣れ、長時間の勤務が可能になった場合は正社員としての可能性も広がってくるといえるでしょう。

一方、医療事務として働く場合、経験があったり資格を活かせるなど業務にある程度自信のある方であれば、即戦力として時給も高めに始める事が出来る派遣で働く事をお勧めいたします。

正社員に比べると時間や働き方に都合がつく分、家庭や育児などとも両立して働く事が可能といえるでしょう。また派遣会社によっては業務を絞って行う事も出来たり、希望に合った形を選択しやすいといったメリットもあります。

医療事務の仕事を探すのにお勧めの人材派遣会社ランキング

1位、アデコ

国内30年の事業実績を持つ老舗の大手派遣会社の「アデコ」は医療事務の派遣に強いといわれています。全国に登録拠点を持ち、多数の派遣求人を持っています。そして何より注目したいのが、求人の質が良いといった評判です。

また他社ではない独自のルートによる同社だけの非公開求人が多いという点も見逃せません。世界的にも有名な派遣会社で、質の高いカウンセラーがじっくり仕事をマッチングしてくれる人気の派遣会社です。

オピニオン社監修の「月間人材ビジネス」誌(2015年10月号)の第24回派遣スタッフ満足度調査において、友人に勧めたい口コミ率部門において部門1位を獲得しています。またその他の項目においても全6項目で満足度第1位を獲得するなど、確かな信頼が証明されているといえるでしょう。

>>アデコの派遣登録のページはこちら

2位、テンプスタッフ

人材派遣における日本最大の売上高を誇る派遣会社が「テンプスタッフ」です。40年以上全国約300拠点とどこの都道府県にも対応しているといった強みを持っています。テンプグループによるネットワークを活かし、大手の病院やクリニック等で働く事が可能です。

長い実績の中で生まれた派遣社員へのサポート体制には非常に定評があり、登録から仕事開始までスムーズに進める事が出来ると人気です。口コミや信頼の評判も高いお勧めの派遣会社といえるでしょう。

>>テンプスタッフの派遣登録のページはこちら

3位、パソナ

人材派遣大手の総合派遣会社が「パソナ」です。派遣スタッフ満足度調査ランキングにおいて6年連続の口コミランキング第1位に輝いている実績のある会社です。


医療事務の派遣に強く、3000以上の講座でスキルアップを支援してくれる制度や、24時間何でも相談出来る窓口があるなど、利用者が安心して働く事が出来るお勧めの派遣会社です。一人一人の可能性を引き出す為の親切丁寧なコンサルティングをウリにしている点も注目です。

>>パソナの派遣登録のページはこちら

4位、リクルートスタッフィング

人材業界大手リクルートグループの経営する派遣会社です。企業としての信頼度は抜群に高いといわれています。人材紹介で培ったノウハウを活かし、派遣会社として最大級の規模を誇っています。初心者の為のサポート・紹介予定派遣・特定派遣等非常に充実しています。

更に社会福祉・健康診断・有給休暇などの福利厚生も充実していると人気の派遣会社です。スキルアップ研修や資格取得支援制度も充実していて是非利用したい会社ですが、医療事務よりは一般事務に強いといった印象があるといえます。

>>リクルートスタッフィングの派遣登録のページはこちら

上記がおすすめの人材派遣会社です。実際に派遣で医療事務という仕事を経験した人の体験談として、複数の大手派遣会社(2〜3社程度)には必ず登録する事をお勧めしています。

やはり大手ならではの圧倒的な求人数の量・充実した福利厚生面・給料面の信頼度・独自の未公開求人等では、小規模の派遣会社では到底かなわない実力を備えています。

また大手といっても、相性や好みといった利用のしやすさ等もある為、複数の利用が望ましといわれています。また異なる派遣会社を利用する事によりそれぞれのメリット・デメリットなども発見出来るでしょう。

ここに挙げた派遣会社は全て大手の会社になりますが、これ以外にも「医療派遣ネット」「クリエイトスタッフ」のような医療系に特化した人材派遣会社もあります。求人数や規模では大手にはほぼかないませんが、医療業界に強いといった点においては利用を検討してもよいかもしれません。

ま と め

今回は「安定」を求める人気の職業として「医療事務」にスポットを当ててみました。実際に仕事の内容・勤務日数(時間)・給料・メリットやデメリット等…これまで知らなかった情報を拾い集める事で、新しい局面が覗けたのではないでしょうか?

高齢化社会に向けて、これからも更に需要が多いといえる「医療事務」ですが、それだけに人気も高く希望者も溢れています。ですから資格や経験のない方にとっては若干敷居が高いと感じられるかもしれません。

しかしインターネットの普及により様々なサイトやこのような人材派遣会社等もより身近に感じられる現在、「医療事務」に興味を持たれている方は是非一度チャレンジしてみてはいかがでしょうか?

中には資格の取得を行うのと並行して、実際の医療現場での実践や、グループの医療機関による優先的な就職斡旋を手掛けているような会社も多数あります。

ただ考えているだけでは前には進めません。是非これからのよりよい仕事環境を求めて一歩を踏み出してみてはいかがでしょうか?以上、「医療事務」の派遣のお仕事による調査報告でした。

最新のエントリー一覧

時代のニーズ
" 僕はフリーになるまで上場会社の人事部にいました。その経験から派遣社員さんのメ...

SHFTIがお気に入りです。
日中時間がかなりとれて、業務中にも副業としてやれると踏んでチャレンジしているが、...

ヒステリック上司
"派遣社員として、様々な企業に働きに行きました。 仕事はグラフィックデザイナーの...